bite the bullet(耐え忍ぶ、あえて困難な手段を取る)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札
英会話上達ドットコム > すぐに使えるネイティブ表現!Everyday Useful English > bite the bullet(耐え忍ぶ、あえて困難な手段を取る)

bite the bullet(耐え忍ぶ、あえて困難な手段を取る)


【対話例文】

A:Why don’t you go to the beach this weekend?
(今週末ビーチへ出かけないか?)

B:No way. We have a deadline for the semester report.
(行くわけないだろ。 僕らは今学期のレポート締め切りがあるじゃないか。)

A: I know, but we need a recreation.
(わかっているよ。でも息抜きも必要だ。)

B:No. It’s a time to bite the bullet and get this done. Our future depends on it.
(いいや。今はよい成績を残すために我慢して頑張らないといけない時だよ。僕らの将来がかかっているのだから。)

解説&応用

bite the bullet で直訳すると「弾丸を噛め」ですが、現代の会話で用いられる時には「歯を食いしばって耐える(頑張る)、状況に耐え忍ぶ」などの意味になります。

これは19世紀、戦争の際に負傷した兵士が手術を受ける際に麻酔がない状況下で、痛みに耐えるため、銃の玉を噛み締めていたという話に由来します。現代でも力を入れるときなど、歯を食いしばりますよね。その様子を表した表現です。

「我慢する、あえて困難に耐える」という意味から、会話の中でこのフレーズを一言だけ伝える場面もあります。その時には、以下のように使われています。

A: I don’t want to go there by alone.(1人で行きたくないよ。)
B: Bite the bullet. (立ち向かえ。)

このように相手を励まし、前に進めるように応援する時にも使うことができます。自分に活を入れたいとき、相手に頑張ってほしい時に使えますね。

その他の同類表現・同類センテンス

  • “confront the adversity bravely”(勇敢に逆境に立ち向かう)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。