take a rain check(またの機会にする)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

take a rain check(またの機会にする)


【対話例文】

A:Shall we go shopping this weekend?
(今週末、買い物行かない?)

B:I have to take a rain check because I have to look after my younger sister.
(またの機会にするわ。妹の面倒を見なくちゃいけないの。)

A:Oh, that’s too bad.
(あら、それは残念だわ。)

解説&応用

I’ll take a rain check.で「またの機会にする」「また今度にする」という意味になります。

友人からの誘いを都合が悪くて断らなくてはいけないシーンってよくありますよね。そういう時に「ごめん!また誘って!」といったニュアンスで使えるフレーズです。

rain checkには、雨で屋外のスポーツや公演などが中止・延期になった場合に渡される券である「雨天引換(順延)券」という意味があります。

「私は雨天引換券をとるよ」つまり「また今度にするよ」と言う意味として使われているのです。

上記の対話例文では、断る側の目線で使っていますが、断られた側も使うことが出来ます。

その際は、下記のような表現になります。

  • “I’ll give you a rain check.”(また誘うよ。)
  • “That’s a rain check.”(次は来てね。)

他にも、今回は行けないけど「また誘ってね」ともう一度お誘いが欲しいときは次のように使うことが出来ます。

  • “Can you give me a rain check?”(また誘ってくれますか?)
  • “Can I take a rain check?” (また誘ってくれる?)

日常会話で役立ちそうなフレーズですね。是非使ってみましょう!

その他の同類センテンス

  • “Another time.” (また今度。)
  • “Let’s get together soon.” (また今度ね。)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。