far better(はるかに良い)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

far better(はるかに良い)


【対話例文】

A:Sir, could you check this soup?
(先生、このスープの味をみてもらえますか?)

B:O.K.(・・・) Why don’t you add salt a little more?
(わかった。もう少し塩を足してみたらどうかな?)

A: Thank you, sir. Just a moment, please. (・・・) How about this time?
(かしこまりました。 少々お待ちください。 今度はいかがでしょうか?)

B:This is far better than it was.
(さっきよりずっとよくなったよ。)

解説&応用

far better は会話の中で時折出てくる表現で、「ずっといい」という意味になります。

This is far better.と出てくる時もあれば、例文のように比較を表すthanを伴って使われる時もあります。

farは「遠くへ、遠くに」という意味の副詞と覚えている方が多いと思いますが、比較級と一緒になると「ずっと、はるかに」と程度を表す意味になります。

betterはgood(よい)の比較級として知られているので、「ずっといい」となるのです。

またfar better than nothingという表現も合わせて覚えておきたいところです。nothingが続いているところで、「何もしないよりずっとましだ」となります。

団体活動やビジネスの場面で、計画があまり進んでいない時など、仲間を励ます時にも使うことができるフレーズです。

その他の同類表現・同類センテンス

  • “much better”(もっとよい)
  • “a lot better”(ずっといい)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。