Why not?(そうしよう!)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Why not?(そうしよう!)


【対話例文】

A:It’s very hot today, isn’t it?
(今日は本当に暑い日だと思わない?)

B:Exactly.
(まったくだね)

A:Let’s go out to eat shaved ice!
(かき氷食べにいこうよ)

B:Why not?
(そうしよう!)

解説&応用

これは、I don’t know why not?を省略したもので、直訳すると「なぜダメなの?=ダメな理由が見つからない」ということから、「もちろんそうしよう」という意味で使われます。

一般的にはsureをともなって、sure, why not?(いいね、もちろんそうしよう)とポジティブな表現で使われることが多いですが、語尾の上げ下げや使い方でもネガティブな表現にも使用できます。

例)

A:You cannot join this program.
(君はこの計画には参加できないよ)

B:Why not?
(何故ですか)

このときのWhy not?には「何故出来ないのか?出来ない理由がわからない、出来るはずだ」という意味が含まれ、賛同の意味はなく、むしろ反論の意を表します。

その他の同類センテンス

  • “I agree with you.”(賛成だよ)
  • “Let’s do that!”(そうしよう)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。