don’t be so sure(それはどうかな)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

don’t be so sure(それはどうかな)


【対話例文】

A:Listen to me! I met him again!
(聞いて!また彼にあったの!)

B:Who are you talking about?
(誰のことを話しているの?)

A:Come on. I told you about a boy that I met in ABC café. He must be my soul mate!We met twice this week.
(もぉ、ABCカフェであった男の子の話ししたでしょ。彼は私の運命の人に違いないわ。私たち今週2回も出会ったんだから。)

B:Don’t be so sure.
(それはどうかな。)

解説&応用

Aは週に2回偶然あった方を運命の相手だと思い込んでいるようですが、周囲からみるとただの偶然にしか思えませんよね。

こうして思い込んでいる相手に直接的にそれを否定するのは相手を怒らせることにもつながりかねません。でも同意は出来ない。

そんなときにはこのDon’t be so sure という表現が役立ちます。

Don’t be so sureはsure「(直感的に)確信する」状態にDon’t be「〜にならないで」と諭す言葉です。

「結論を急がないで(すぐに確信しないで)」「それはどうかわからないよ」という意味で用いられます。

直接否定はしたくない、そんな場面で使ってみてください。

その他の同類表現・同類センテンス

  • “I’m not sure.”(確信はもてないな)
  • ”I don’t think so.”(そうは思わない)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。