I beg to differ(お言葉ですが)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

I beg to differ(お言葉ですが)


【対話例文】

( in a meeting )
A:I think the next eligible candidate for mayor is Mr. Kanno, what does everyone think?
(次の市長選候補は菅野氏が適任だと思うが、皆はどうだろうか?)

B:I beg to differ. I would like to recommend Mr. Mori. His aptitude is higher than anyone else.
(お言葉ですが、森氏がいいと思います。他の誰より彼の適性は高いです。)

A:That’s interesting opinion. Anybody else have any ideas?
(それは面白い意見だな。他に意見があるものは?)

解説&応用

begというと、beggar「乞食」が連想されてきます。しかしbegには「物乞いをする」という意味の他に「懇願する」という丁寧に相手にお願いをする意味が含まれています。

differは「異なる」、「(意見が)一致しない」の意味です。つまり、I beg to differは「異なることを許してもらいたい」という反対意見を丁寧に伝えるための言葉になります。会社など上の立場の人に意見をするのは勇気のいることですが、このように丁寧に伝えることで意見の言えるデキる人材となりたいですね。

その他の同類センテンス

  • “I beg to disagree”(私の意見は違います。)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。