In my book(私としては)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

In my book(私としては)


【対話例文】

A:Sorry I’m late. I had to work overtime…
(遅れてごめん。残業があって…)

B:Again!? In my book, you should get a new job.
(また!? 私としては、仕事を変えたほうがいいと思うよ。)

:You are always late.
(いつも待ち合わせ時間に遅れてくるじゃない。)

:You are over working.
(働き過ぎなのよ。)

A: I’ll sleep on it.
(ちょっと考えてみるよ。)

解説&応用

“in my book”で「私の意見としては」「私の意見では」という意味になります。

“in my book”を直訳すると「私の本の中」となりそうですが… “book”には「本」や「書籍」の名詞的な意味以外にも口語での意味として「規則」「基準」「規範」という意味があります。

そのため、「私の基準の中」つまり「私としては」という自分の意見を述べる意味で会話の中で使うことができます。

ちなみに“book”には動詞的な意味として「予約をする」「記入する」といった意味があったり、複数形の“books”にすると「名簿」「帳簿」という意味があったりと幅広い意味を持つ単語です。

ちなみに否定形の“not in my book”で「私はそう思わない」という意味になります。

A:Chocolate make us happy♡ Do you think so?
(チョコレートは私たちを幸せにしてくれるわ♡ そう思わない?)

B:Not in my book・・・
(私はそう思わないけど・・・)

っといった感じで、自分の意見ではそう思わないという否定をするフレーズとして使うことができます。

“sleep on it”は以前“Let me sleep on it”「ちょっと考えさせて」で出てきたフレーズですね。

その他の同類センテンス

  • “In my opinion”「私の意見では」
  • ”in my judgment”「私の判断では」
  • ”to my mine”「私の考えでは」
  • 【これらの記事も読まれています】

    ― スポンサードリンク ―

    私のTOEIC体験談

    【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
    メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
     
    英会話上達ドットコム
    英語上達の切り札

    Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
    掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。