under no circumstances(いかなる状況であっても〜ない)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札
英会話上達ドットコム > すぐに使えるネイティブ表現!Everyday Useful English > under no circumstances(いかなる状況であっても〜ない)

under no circumstances(いかなる状況であっても〜ない)


【対話例文】

A:Hey, do you know Kate is going to marry with Jim?
(ね、ケイトがジムと結婚する話知ってる?)

B:Never heard. Did you talk to Maria about this already?
(初耳だわ。このことマリアに話した?)

A: Not yet.
(まだよ。)

B:Under no circumstances should you tell her about this. She would be mad If she should know this.
(どんなことがあっても彼女に話しちゃだめよ。彼女が知ったら、怒り狂うわ。)

解説&応用

under no circumstancesで「いかなる状況であっても〜ない」となります。circumstances は「身の回りの状況、環境」ですので、no がつくことで、「どのcircumstances でもない」という意味なのかとは思いますが、なぜunderなのでしょう?

日本語で考えた時の、「どんな状況下であってもない」と思いましたが、実はunderには「(条件や状況を)考慮して、考えると」という意味があるのです。つまり、「どんな状況を考えてみてもない」ということになります。

今回のケースではケイトの結婚はどんなことがあっても言ってはならないことなので、かなり強い表現になります。英語では強調したいことを主語の前に持ってくる倒置法があります。今回も、絶対言ってほしくないので、倒置の形をとっていますが、次のように使うことも可能です。

You should not tell her about this under any circumstances.
→この場合は、否定を表す not が既に用いられているので、circumstancesの前には「どんな」を表すany が入ります。

その他の同類表現・同類センテンス

  • “under no conditions”(どんな事情があっても〜しない)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。