Help yourself.(ご自由にどうぞ)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Help yourself.(ご自由にどうぞ)


【対話例文】

(ホームパーティーなどで友だち(A)が料理を振舞ってくれました。)

A:Help yourself.
(ご自由にどうぞ。)

B:Thank you. It looks really nice♪
(ありがとう。すごくおいしそう♪)

解説&応用

“Help yourself”で「ご自由にどうぞ。」という意味になります。

“Help”「助ける・手伝う」と“yourself”「あなた自身で」を合わせて「あなた自身で手伝ってね。」つまり「ご自由にどうぞ。」という意味になります。

“Help yourself to ~”で「~をご自由にどうぞ。」という言い方ができます。例えば“Help yourself to anything on the table.”「テーブルの上の物は何でもご自由にどうぞ。(何でも食べてください。)」や”Help yourself to more.”「おかわりはご自由にどうぞ。」となります。

“Help yourself”は話し言葉だけでなく、メッセージとして書かれていることもあります。

日本でもレジなどに置いてある飴などに「ご自由にお取りください。」と書いてあるシーンを見かけますよね。それと同じ意味なので、もし見かけたらご自由に持って帰って大丈夫です。

その他の同類センテンス

  • “Take free.”(ご自由にお持ち帰りください。)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。