out and about((病人が)外出できるようになって)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札
英会話上達ドットコム > すぐに使えるネイティブ表現!Everyday Useful English > out and about((病人が)外出できるようになって)

out and about((病人が)外出できるようになって)


【対話例文】

A:I haven’t seen Tom since last month.
(先月からトムに会ってないわ。)

B:He was in a hospital for 2 weeks in June.
(彼、6月は2週間入院していたものね。)

A: I didn’t know that. How is he?
(知らなかった。彼の調子はどう?)

B:No worry. He’s out and about everyday now.
(心配ないわ。今は彼、毎日出歩いているもの。)

解説&応用

out and about はそれまで調子が悪かった人が、出歩けるようになっている様子を表現するイディオムになります。out and aboutと重ねて使うことで、aboutは、形容詞として「動き回って、活動して」という使い方が出来るようになるとされています。

「外にいる、出ている」などの意味をもつoutと「〜の辺りに、あちこちに」の意味ももつabout が合わさることで、「(病人が)外出できるようになって」と表現します。それまで療養のために閉じこもっていた人が外に出て(out)、あちこちに行きだすということですね。

ちなみにaboutは副詞として、次のように使います。

There is nobody about.(あたりに誰もいない)

around のような使い方で、主にイギリスで使われています。

他にもabout to で(〜しようとする)などの使い方もあります。aboutはその使い方によって、意味が変化しますので気をつけてみてみてください。

その他の同類表現・同類センテンス

  • “up and about”(床を離れて、歩き回って)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。