Hit the lights.(電気をつけて)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Hit the lights.(電気をつけて)


【対話例文】

A:It’s getting dark, isn’t it?
(暗くなってきたと思わない?)

B:I think so, too.
(そうだね)

A:Hit the lights, could you? My hands are full.
(じゃあ、電気をつけて。今、私手がふさがってるの)

B:Alright. I got it.
(わかった)

解説&応用

Hitときくと「打つ」というイメージですが、会話の中で用いられるときには「何かをはじめる」という意味で使われます。

ここでは、「明かりをつけた状態をはじめよう=電気をつけて」ですね。

他にも、こんな使い方があります。

Hit the road で「出かけよう」
Hit the floor で「踊りだそう」

また、パーティーやクラブなどで盛り上げる時に音楽をかけてという意味で

「Hit it!」

とも使います。

その他の同類センテンス

  • “Turn on the lights.”(明かりをつけて)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。