Hocus-pocus(でたらめ)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Hocus-pocus(でたらめ)


【対話例文】

A:I went out with Angelina Jolie yesterday!
(昨日アンジェリーナジョリーと遊びに行ったよ)

B:Really!? How was it?
(本当に?どうだった?)

A:She likes cupcake and orange juice, and she wanted to a watch the Pokemon movie…
(彼女はカップケーキとオレンジジュースが好きで、ポケモンの映画を見たがってて…)

B:Hmm…. She doesn’t look like a kid. It must be hocus-pocus!
(うーむ、彼女そんなに子供っぽく見えないけど。それ、でたらめだろう!)

解説&応用

元々、hocus-pocusには呪文という意味があり、そこから転じてでたらめ、手品などという意味となります。

日本語で言う「ちちんぷいぷい」に近いニュアンスがあり、語尾が韻を踏んでいるため響きにも単語の怪しげな意味が伝わってきますね。

あまりにもありえない事を言っている人がいたら、このネイティブ表現を使ってみましょう!手品という意味で使う場合は以下のようになります。

例)

I can’t tell you the secret of hocus-pocus.(手品の秘密は言えないよ。)

その他の同類センテンス

  • “Nonsense(名詞:でたらめ)
  • At random(副詞:でたらめに)
  • Without system(副詞:でたらめに)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。