hands on(実際に体験できる、実践的な)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

hands on(実際に体験できる、実践的な)


【対話例文】

A:Do you have any plans this Saturday?
(今度の土曜日何か予定ある?)

B:Not yet.
(いや、まだだよ。)

A: How about going to Big site? There’s a hands on exhibit for computer games there.
(ビックサイトに行かないか?コンピューターゲームの体験型展示会があるんだ。)

B:Sounds great!
(最高だね!)

解説&応用

hands は手、onは「〜の上に、〜に接して」などの意味で用いられる前置詞ですよね。

このonは上記の意味で用いられる場合、多くは以下のとおり、モノとの接触を表しています。
His book is on the table. (彼の本はテーブルの上にある)

つまりhands onで、手をくっつけることができる=実際に体験できる、実践的なという意味になるわけです。非常にわかりやすい表現ですよね。この表現は展示会だけでなく、行為や人にも用いられています。

  • hands on manager (現場で仕事をするマネージャー)
  • hands on training (実践訓練)
  • hands on knowledge(実践から得た知識)

職場などで目にすることもあるかと思いますので、覚えておいて損はないと思います。

その他の同類表現・同類センテンス

  • “interactive”(その場の、実況の)
  • “practical”(実際の、実務の、現場で行う)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。