Give me a break.(勘弁してよ)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Give me a break.(勘弁してよ)


【対話例文】

A.Hey, can I talk to you for a sec alone?
(ねえ、ちょっと二人だけで話せる?)

B.OK.What’s going on?
(いいよ。どうしたの?)

A.Um….Actually,I’m interested in someone.
(ええと、、、実は好きな人がいるんだ。)

B.Are you serious? Who is it?
(本当?誰なの?)

A.Um….it’s you.
(ええと、、、君だ。)

B.Give me a break. We’re just friend, aren’t we?
(勘弁してよ。私達ただの友達じゃないの!)

解説&応用

なかなかハードなシチュエーションの例文になってしまいましたが、「Give me a break」の「break」には小休止と言う意味合いがあります。

直訳すると「小休止をちょうだい」で、日本語での意訳は「勘弁してよ」とか「冗談はよしてよ」といったニュアンスになります。本来ウンザリした際に使う表現なので、今回のシチュエーションで言えば、結構厳しい断られ方だと言えます(笑)。

“Are you joking?”(冗談よね?)
“You must be kidding me.”(からかっているのね。)

と言った返しの方が「照れ隠し」の表現とも取れるのでまだ脈ありの可能性がありますかもしれません。

私は誰かを見ています=I’m seeing someone.(好きな人がいるの)も併せて覚えておくと恋愛相談や告白の場面で使えて良いですね。

「break」はこちらのコンテンツ(break a leg)でも登場しましたが、一緒に覚えておきましょう。

また、「I’m broke(一文無し)」もネイティブ表現として心に留めておきましょう。

その他の同類センテンス

  • “I’m fed up with you.”(あなたにはウンザリだ。)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。