twist one’s arm(〜に強制する)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

twist one’s arm(〜に強制する)


【対話例文】

A: Tom, there is new flavor of coke! It’s banana!
(トム、コーラの新しい味が出ているぞ。バナナ味だ!)

B: Really? It seems to be sweet.
(本当に?甘そうだな。)

A: Try this one!
(試してみろよ!)

B:Don’t twist my arm.
(僕に押し付けるなよ。)

解説&応用

twist one’s arm  twistは後に続く単語に沿った意味がつきますが、今回は腕がきているので「ねじる」という意味になります。つまり「腕をねじる」が直接的な意味です。腕をねじられると痛いですよね。そこから、何かを強要する際に、この行為が取られたことに由来して、twist one’s armで「〜に強制する」となったようです。

ちなみにarmのあとにintoをつけて表現することもあります。
twist one’s arm into A で「〜にAを強制する」

このイディオムは日常会話や上司に押し付けられた時などビジネスの場面でも出てくる表現です。日常会話の中では、Don’t twist my arm.(押しつけるなよ)やYou’re twisting my arm.(無理言わないで)などと使われることが多くあります。

また、何かを進められた時に、次のようにも使います。
If you twist my arm, I’ll have a second beer.
(どうしてもというなら、2杯目のビールを頂きます。)

こうして使う時は、本当に嫌だと思っている訳ではない時もありますよね。そのため、このtwist one’s armはその言い方や場面などでも、本気なのか冗談半分で言っているのかを判断する必要がありそうです。

その他の同類表現・同類センテンス

  • “force someone to ”(に強制して〜させる)
  • ”compel someone to ”(に強制して〜させる)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。