time after time (なんども)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

time after time (なんども)


【対話例文】

A:Excuse me, Mr.Sasaki.
(佐々木君、少し良いか。)

B:Yes, sir.
(はい。)

A: Why did you print this document in black and white? I told you to use color printing for this. This is the third time. You keep making the same mistake time after time.
(何故この書類を白黒で印刷したのかね?私はカラー印刷をするように命じたはずだ。これで3度目だ。君は何度も同じ間違いをするね。)

B:Sorry, sir.
(申し訳ありません。)

解説&応用

time after timeは 「time の後にtime が来る」ですが、ここでのtime は頻度を表す回数としての意味で用いられています。

1回やったあとにまたもう1回と同じことが続いていく様を表現して「何度でも」という意味になるのです。

またこの時の「何度でも」のニュアンスにも要注意です。ネイティブにこのように言われた場合、あまり良い意味は含んでいません。比較的繰り返して欲しくないことを繰り返してしまう場合に用いられるからです。

time after time はシンディーローパーの名曲のタイトルでもあります。これも終わった恋を忘れたいのに、何度も思い出すという内容です。ネガティブなことは繰り返さない、大切だけど、時には難しいこともありますよね。

その他の同類センテンス

  • “again and again” (繰り返す)
  • “over and over” (繰り返し)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。