safe and sound(無傷で)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

safe and sound(無傷で)


【対話例文】

A:Have you heard from Tom?
(トムのこと聞いた?)

B:Yes! He came back from his around-the-world trip safe and sound! That’s amazing!
(聞いた!彼、世界一周旅行から無事に帰ってきたんだってね!すごいな!)

A:That’s right, he’s lucky!
(その通りだね。彼はついてるよね。)

解説&応用

このsafe and soundという慣用句は、実際に使用するのはネイティブのお母さんなどが多いようです。

というのも、ただsafeというよりは、さらにやわらかいニュアンスになるため、「無事に」「気を付けて」という意味になります。

通常、Soundは「音」という意味の名詞でもちいますが、この文脈では形容詞として使われており、「安全な、しっかりとした」という意味になります。日本ではサウンド=音という名詞のイメージが強いですが、このような使い道があるのは面白いですね。

以下のようにも使います。

「He has a sound opinion.」
(彼はしっかりとした意見を持っている。)

例文

・I arrived home safe and sound.(家に無事に着いた)

・I’m not sure of you coming back safe and sound.(君が無事に帰ってくるかどうかわからない)

反対語

「get injured/be wounded」(傷を負って)

(無事に)の反対語としては、傷を負ってという表現があります。Injuredとwoundedのニュアンスの違いとしましては、

・Injuredは偶然負った傷
・Woundedは相手が意図してケガさせた傷

という違いがあります。

またhurtになると、精神的なダメージを表します。

3つの違いを例文で見てみると、

◆偶然性のケガ
・I was injured in the car accident.(私は車の事故で傷を負った)

◆故意によるケガ
・I was wounded by a man standing there.(私はそこに立っている男に傷つけられた)

◆精神的ダメージ
・I was hurt by his words.(私は彼の言葉によって傷ついた)

となります。

また最近ヒットした曲にCapital citiesの「safe and sound」という曲があります。そこの歌詞では、

You could be my luck
Even if the sky is falling down
I know that we’ll be safe and sound

というように歌われています。このように曲中でも使われているので是非聞いてみて、覚えてみてください。

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。