out of my league(高嶺の花)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

out of my league(高嶺の花)


【対話例文】

A:Hi, John. Tomoko was looking for you.
(やぁ、ジョン。友子が君を捜していたよ。)

B:Why?
(どうして?)

A: I don’t know. Maybe to confess of her love to you!
(知らない。 愛の告白だったりして!)

B:Don’t pull my legs. She’s out of my league.
(からかうなよ。 彼女は高嶺の花だよ。)

解説&応用

out of my league で、「(自分には)手に届かないもの」つまり「高値の花」を指しています。

league には「同盟、連盟」という意味があり、同じ目的を持つ者同士の集まりを指しています。野球で聞かれる○○リーグというのは、ここからきているのですね。

このように同質の者が集まることから、「(同じレベルの)グループ、仲間」という意味もあります。

out of my leagueは「自分のグループからは外れている」という意味ですから、相手が自分とは違うレベルにいることを意味します。つまり自分のレベルではないから、トライしても無駄だというニュアンスですね。

日本語でも、頑張って相手に方を並べることを「同じリーグに立つ」と言います。もしかしたら、このout of my leagueからきている表現かもしれませんね。

ちなみに自分の〜ではないという表現は他にもあります。

That’s out of my comfort zone.(不快だ)

これもmy comfort zone(快適な空間)から出ているため、慣れないことをする時など不快な状況にあることを表現するものです。

どちらの表現でも、もちろんmy の部分には、その状況に応じてhis、her、yourなどが当てられます。

その他の同類表現・同類センテンス

  • “out of reach”(手が届かない)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。