I’m about to(〜するところである)

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

I’m about to(〜するところである)


【対話例文】

( Ring! Ring! )

A:Hello, Tom. May I talk to you now?
(こんにちは、トム。今話せるかしら?)

B:Sorry, I can’t talk now. I’m about to take a train.
(ごめんよ、今は話せない。 これから列車に乗るところなんだよ。)

A: O.K. Can we talk later?
(わかったわ。 後で話せる?)

B:Of course. I’ll call you back in a hour.
(もちろん。 1時間以内に僕が掛け直すよ。)

解説&応用

be動詞 about to 〜で、「今、まさに〜しようとしている」という表現になります。

aboutには「〜の頃に」という意味もあるので、それでこのような使われ方をするのかもしれません。

「〜しようとしている」というと、英語を習った頃にでてきたI’m going to 〜が思い出されますが、この2つの違いはなんでしょうか?

I’m going to 〜というのは、will と同じで、近い未来に行おうとしていることであり、あくまでも予定の一部です。つまり変更になる可能性を持っています。

それに対して、I’m about to〜は、実際に行動を起こしかけている事実を指し、その行動は目の前に迫っていることを表します。

こうした点でこの2つは違うので、場面に応じて使い分けることで、より正確に相手に自分の状況を伝えることができるようになります。

その他の同類表現・同類センテンス

  • “be動詞 ready to 〜 ”(今にも〜しそうである、〜する準備が整っている)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。