TOEIC Bridgeとは?

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札
英会話上達ドットコム > TOEIC > TOEIC Bridge > TOEIC Bridgeとは?

TOEIC Bridgeとは?


TOEICを受験してみたいけれど、まだ自分の英語力には自信がないという人にオススメなのが、Bridgeテストです。

このテストは英語の学習をはじめたばかりの人にピッタリのテストで、バランスのとれた英語スキルを身につける上ではとても役に立つ学習材料となります。

英語の勉強を始めたいと思っても、多くの人はどこからどんな風に手を付けたら良いのかわからないものです。そんな時にTOEIC Bridgeテストを受験すれば、自分の英語力が客観的にどのぐらいのレベルにあり、リーディングとリスニングの分野ごとにどの分野が弱点なのかを知ることもできます。今後の英語力アップに向けて、より効果的で効率的な学習ができるようになります。

Bridgeテストは、英語学習を始めたばかりの人にオススメのテストなので、中学生にもピッタリです。ずっと昔に英語は学んだけれど、完全に忘れてしまっていて、また最初から学習し直したいという人にもBridgeテストは大きなモチベーションとなります。

通常のTOEICのように結果は合否ではなく、スコアという数字で帰ってくるので、テストを受験するたびにスコアが高くなると、ますますやる気もアップするでしょう。(いきなり通常のTOEICを受験してショックを受けて勉強をやめてしまうよりよっぽど良いです。)

通常のTOEICテストの場合には、一般的な日常会話からビジネスシーンまで幅広い分野に対応した試験問題が出題されますが、TOEIC Bridgeテストの場合にはより身近な日常生活における英語力に焦点を置かれているのが特徴です。試験に出題される単語や言い回しなども、英語を学習し始めた人でも覚えやすい基本的なものが中心となります。

テスト構成も、リスニング問題が50問、リーディング問題が50問のトータル100問。通常のTOEICテストと比べると、出題数も半分となり、試験時間も半分となるので、誰でも気軽に挑戦しやすい出題形式となっているのも特徴です。

TOEIC Bridgeテストは、受験するにあたって年齢制限や学力レベルの制限などは一切設けられていません。TOEIC Bridgeテストを受けながら通常のTOEICを受験しても良いですし、最初にTOEIC Bridgeテストを受けて自信をつけてから通常のTOEICに挑戦するのももちろんOKです。

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。