カナダ留学

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

カナダ留学


留学先としてすぐに浮かぶ国のひとつはカナダではないでしょうか。

shutterstock_2541349

治安の良さと発音の綺麗さから、昔から留学先として高い人気を誇っています。

何不自由ないシティライフを送れる大都市がある反面、少し足を延ばせばロッキー山脈やナイアガラの滝など、大自然の中でリラックスすることも可能です。

足を延ばしてアメリカへ旅行へ行ったり、オーロラやレイクルイーズなど、英語の勉強+アルファをカナダでは楽しむことが出来ます。

発音の綺麗さ

カナダを勉強する場に選ぶ際に、よく聞かれるのが発音の綺麗さです。

カナダは私たち日本人が学校で習う、アメリカ英語に近い発音です。

そのため、日本人にも聞きなれた英語を身に着けることができます。

カナダの方に「アメリカ人とはどうやって見分けるの?」と聞くと、「ちょっとした言い回し位の違いだから、べらべらとしゃべり出すまではわからないと思うよ」という回答が返ってくるほどに、カナダの英語はアメリカ英語に近いと言えます。

ただし、移民の国であるカナダでは、様々な英語が飛び交っております。

学校では綺麗な英語を学び、ひとたび学校を出れば、生きた英語が飛び交う環境にて、また違った角度から英語を学んでいくことができるのも、また楽しみの一つと言えるでしょう。

学習環境

-agentsite-photo-list-Students-Vancouver-004Students

多くの国からの留学生が英語を学びに来るカナダでは、様々なニーズにお答えできる学習環境が整っております。

勉強の仕方、目的は人それぞれです。

自分の興味に合わせて授業を自由に組みたいという方もいれば、教科書に沿ってしっかり勉強したいという方もいると思います。

また、とにかく話しながら英語を伸ばしていきたい!という方もいるでしょう。

カナダの学校では、それぞれの学校が英語を楽しみながら学べるように、工夫をして生徒に英語を教えています。

「英語は全く話せない」という方でも安心して英語の勉強を始めて頂けます。

基礎英語を身に着けることはもちろんですが、すでに基礎が身についている方でも、医療英語や翻訳通訳、発音矯正など、英語を使って何かを学ぶことができるのも魅力の一つです。

英語の基礎が身につている場合、英語を使ってワンステップ上の事柄を学ぶことができます。

例えば、カナダでビジネスを学ぶ場合、実際のプレゼンテーションや会議の仕方等、より実践的な内容を学んでいきます。

また、学校によっては講師もMBA取得者や実際の経営者が講師として招かれているところもあり、より踏み込んだ内容を学ぶことができます。

自分は何を学びたいのか、何が目標かしっかりとプランを立てて、英語を学習していきましょう。

特に大都市であるバンクーバーとトロントは学校数も多く、自分の学びたい内容の学校がきっと見つかるはずです。

またカナダはインターンが盛んで利用者も多いため、インターン制度がしっかり整っております。カフェやホテルからオフィス系のお仕事まで、日本ではできない体験にぜひチャレンジしてください。

多文化社会の魅力

11561627_3163229

カナダは移民の国です。

街を歩けばアジア系はもちろん、インド系、南米系、ヨーロッパ系と様々な人種の人々に出会います。

バンクーバーひとつをとっても、コリアンタウンやチャイニーズタウンはもちろん、ペルシャ系の方が多い地区など、様々な文化があふれています。

白人がカナダ人ということはありません。
色々な人が混ざり合い、共存しているのがカナダの大きな魅力の一つです。

そんなカナダだからこそ、見た目が違っていても、受け入れてくれる環境があると言えます。
「ぶつかった時に向こうから ごめんね と言ってくるのがカナダ人」と言われるほど、カナダ人は優しく、日本人にも近い感覚を持っています。

カナダにいながらして、世界各国の友達が作れる、日本ではなかなか簡単には手に入らないものです。

ぜひカナダで、他国の文化をのぞいてみてください。

広い国土

世界第二位の国土を誇るカナダは、都市によって様々に表情を変えます。

フランス語圏であるモントリオールを訪れると、フランス語が飛び交い、カナダにいながらにヨーロッパの雰囲気を感じることができます。

しかし、そこから少し離れたトロントへ行けば、カナダの中でもより多くの国籍が混じり合い、エンターテイメントも盛んなビジネスの中心街へと雰囲気はガラリと変わります。

一方で、ハリファックスやケロウナなど、田舎の地域へ移動すれば、白人の方が多く暮らす、ゆったりとした環境になります。

同じカナダ国内であっても時差が生じるほどに、カナダは広大です。

土地を変えてしまえば、また違うカナダを見ることができ、新しい体験をすることが可能です。

大自然の中を思いっきり駆け回ることも、大都市でバリバリ働くことも、その両方をすることもできます。きっと自分にピッタリの街を見つけることができるでしょう。

 
ハリファックスの街並
ハリファックス

大自然を楽しむ

カナダと言えば、大自然を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ilac van 09

オーロラ、ロッキー山脈、レイクルイーズ。カナダには日本では決して見られない大自然が広がっています。

夏はキャンプやハイキング、サイクリングが人気です。また、カヤックも手軽にすることができますので、ぜひ挑戦してみてください。

冬はスノーボードやスキー等、ウィンタースポーツを思い切り楽しむことができます。

インドア派という方でも、別の角度からカナダの大自然を楽しむことができます。

カナダでは日本よりも、オーガニック製品が多く出回っています。

ハンドクリームはもちろん、リラックスできるエッセンスや、デトックス効果のあるオイルなど、日本では見かけることのできない商品が手に入ります。

本格なキャンピングから、手軽にハイキングまで、ご自身のスタイルに合わせてカナダの自然を楽しんで下さい。

※ナイアガラの滝
ナイアガラの滝

お仕事探し

求人情報

ワーキングホリデーでの渡航の場合、働くということが可能です。

アルバイト先としては、レストランやカフェ、お土産屋さんが多いです。

探し方は日本と同様、インターネットや店先に貼ってある募集の張り紙等から探して行きます。

バンクーバーやトロントであれば、日本食レストランも多くあるため、仕事が見つからないということはないでしょう。

しかし、仕事探しは英語力によって左右してきます。

例えば自分自身が店主だった場合、日本語ができない外国の方を、日本人のお客様の前には出せないと思います。

カナダでも同様、英語ができないと、お客様と接するような仕事は任せてもらえないということです。

特に小さめの都市になってきた場合、日本食レストランの数も減り、カナダ人の大学生等地元の方と競って仕事を探すため、より英語力が必要と言えます。

一方で、英語力とやる気があれば、希望の仕事が見つかる場合も多くあります。

「絶対にカフェで働きたい!」という方で、語学学校でしっかり英語を学びながら、滞在している都市のほとんどのカフェに履歴書を配り、見事採用されたケースもあります。

特に語学学校では同じように仕事探しをしている人、すでに働いている人が多くいますので、情報交換を友だち同士で行っていたりします。

半年までの観光ビザ

カナダは観光ビザが半年まで出ることをご存じでしょうか。

観光ビザでの入国の場合、事前のビザ申請は必要なく、有効なパスポートと往復の航空券があれば入国することができるため、手軽にカナダへ行くことができます。

働くことはできませんが、半年以内であれば、学校で学ぶことも可能ですので、観光ビザを使って半年間しっかり英語の勉強をすることもできます。

その他に、ワーキングホリデービザと学生ビザがあります。

学生ビザは観光ビザのように働くことができませんので、カナダでアルバイトなどしたい場合には、ワーキングホリデービザでの滞在になるでしょう。

学生ビザの場合には、半年以上カナダで勉強する際に必要になってきます。

しかし、半年までであれば、学生ビザを申請する必要はない・・ということです。

ワーキングホリデービザと学生ビザの申請には数か月かかりますので、余裕を持った申請と準備が必要です。

「カナダは遠い異国の地」と感じるかもしれませんが、そのようなことはありません。

半年までであれば、すぐにでも留学を始めることができます。

ご自身のプランに合わせて、ビザを選びましょう。

カナダ留学を楽しもう

カナダに関して、少しでもイメージつかめて頂けましたでしょうか?
「カナダで何をやりたいか」という希望は人それぞれ違うと思いますが、きっと自分に合ったスタイルでカナダを楽しんで頂けると思います。

また、説明会も定期的に行っておりますので、「欧米留学ってどのような感じかな?」とイメージをつかみたい方はぜひご参加くださいませ。

一人ひとり、留学の目的は違うと思います。

自分だけのカナダ留学を思い切り楽しみましょう!

ilac van 02

 
カナダ留学・ワーキングホリデーに関してもっと知りたい!という方は、ぜひ以下のサイトもご覧ください。

 
スクリーンショット 2015-08-19 16.12.47

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。