TOEICスコア採用企業は多い?

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札
英会話上達ドットコム > TOEIC > TOEICスコア採用企業は多い?

TOEICスコア採用企業は多い?


日常生活からビジネスシーンまで幅広い分野の英語力を総合的に評価することができるテストとして世界各国で採用されているTOEICテスト。

日本国内はもとより、150以上の国で毎年数多くの人が受験をしていますし、総合的な英語力を数字という客観的な指標で判断できることもあり、英語を母国語としない人材を雇用している企業や教育機関などでも積極的に活用されています。

日本国内ではTOEICスコア採用企業が多く、その数は2400団体と言われています。どのような形でTOEICスコアを採用しているかは企業の特色や事業内容などにもよりますが、特に英語を必要としていない企業の場合には、自己啓発の一環としてTOEICスコアを採用したり、英語研修の一環として採用していることが多いようです。

グローバルなビジネス展開が主流となっている近年では、海外進出をする企業も多く、その中で職務を遂行するために英語力が求められる仕事も少なくありません。そうした企業では、海外出張や海外駐在の適任者を先行するためにTOEICスコアが採用されることも多く、そうしたビジネスチャンスをつかみたい社員にとっては、普段からTOEIC受験に向けた勉強や準備を行う必要があります。

外資系企業では、入社する前の段階でTOEICスコアが必要になるケースもあります。外資系企業の中には社内の公用語が英語という企業も多く、新入社員として入社してから英語学習を始めたのでは遅すぎるため、すでにある程度の英語力がある人材を新入社員として採用したいという企業も増えています。そのため、入社前に各自がTOEICテストを受験し、そのスコアが採用か不採用かを決める判断材料の一つになることが多いようです。

海外に拠点を持つ企業へ求職する場合にも、TOEICスコアが必要になることが少なくありません。毎日顔を合わせて話をしている人物なら、TOEICスコアがなくてもどのぐらいの英語力があるかを企業は判断することができますが、英語を母国語としない人を採用する場合には、その人物の英語力を客観的に判断する必要があるため、TOEICスコアの提出を求める企業も多くなっています。

海外留学を希望する場合にも、場合によってはTOEICスコアが必要になることもあります。海外の教育機関ではTOEICではなくより教育的な側面を重視したTOEFLテストのスコアを重要視する大学なども多いのですが、TOEFLかTOEICかは留学を希望している大学によって異なります。(特にアメリカ・カナダはTOEFL)

将来的に海外への留学を考えている人は、TOEICテストを受験する習慣をつけておくこともおすすめです。

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。