Writingセクション

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札
英会話上達ドットコム > IELTS > Writingセクション

Writingセクション


IELTSのライティングセクションでは、60分間という試験時間の中で二つのテーマが与えられます。そして、そのテーマや設問の趣旨に沿ってそれぞれ150語〜250語程度で自由に英作文を作っていくわけですが、与えられるテーマはジェネラル・トレーニング・モジュールとアカデミック・モジュールとでは異なります。

Writingセクション概要ですが、最初の課題は、自分で英文でレター作成をすることになります。課題が与えられ、その内容に沿ってレターを作っていくわけですが、簡潔にまとめれば2,3行で用事が済みそうな内容でも、内容を膨らませたり条項を説明したりしながら、150語〜250語にレターの内容を膨らませていく能力が問われます。文字数が足りないと内容が優秀でも減点の対象になってしまうため、与えられた解答用紙いっぱいに英文で埋めるように心がけましょう。パソコンでタイプする場合には語数もパソコンがカウントしてくれますが、紙と鉛筆で英作文するIELTSテストにおいては、語数を自分でカウントする時間もなければその必要もありません。150語〜250語はイメージ的にはレターサイズに1枚強ぐらいのボリュームとなるので、それを目安に作文を作っていきましょう。

アカデミック・モジュールの場合には、最初の課題はけっこうハードルが高くなります。イラストやグラフ、そのほかのデータなどを与えられ、それを英文の文章としてまとめるという課題が多く出題されています。この場合にも単語数は150語〜250語が目安となっているので、与えられた情報をできるだけ分かりやすく整理整頓しながら、客観的に分かりやすい文章にまとめたいものです。

2つ目の課題は、ジェネラル・トレーニング・モジュールもアカデミック・モジュールでも、簡単なテーマを与えられ、それについての自分の意見や考え方を英語で表現するフリースタイルの英文作成となります。アカデミック・モジュールの場合には、大学や大学院などで提出することになるであろうレポート作成を想定しながら作成していくと良いでしょう。一方、ジェネラル・トレーニング・モジュールの場合には、与えられるテーマは日常生活の中に特化した内容が多いので、自分の意見をはっきりと述べるとともに、理由づけも含めて英作文を作ると良いでしょう。

ジェネラル・トレーニング・モジュールもアカデミック・モジュールも、与えられるテーマや難易度に差はあっても、どちらも単語数は不足しないように気をつけることが必要です。語数をいちいち数えることはできないので、解答用紙一杯に文字が埋まるぐらいを目安として作文を作るようにしましょう。

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。