Native Camp(ネイティヴキャンプ)体験談

英会話上達ドットコム
英語上達の切り札
英会話上達ドットコム > オンライン英会話 > Native Camp(ネイティヴキャンプ)体験談

Native Camp(ネイティヴキャンプ)体験談


以前ビリーズブートャンプへの入団経験のあるためか、このNative Campという響きといつでも好きな時にレッスンが受講可能ということでとりあえず1週間無料体験に参加してみました。

快適な画面操作

登録は簡単だし、Skypeではなく独自のウェブシステムを利用しており、このシステムがとても良くできています。

▼デフォルトの画面が以下の通り。
 
1

 
他のオンライン英会話も行ったことがありますが、この画面構成では全てが1画面上で可能なのでとてもわかりやすくていいです。

操作にあまり手間がかからない分、レッスンに集中できます。

以下のように全部で6タイプの画面を選ぶことができるので、各生徒がもっとも使いやすい画面で受講可能です。
 
2
 

レッスンの取り方

Native Campは予約の方法もシンプルです。
 
3
 
探したい条件の講師が一覧で表示されるので、レッスンを受けたい講師が見つかればその人の個人ページに移動して、スケジュールをチェックします。
 
4
 
この空いている時間帯でも検索ができるようになればなおいいのになと思います。

ただ、すぐにレッスンできる講師はチェックできるので、満足です。予約後はそのままGoogleカレンダーに移行してスケジュール登録できるのも便利です。

最大のポイント

Native Campではこれまでのオンライン英会話ではあまり見かけられなかった「今すぐレッスン」ができます。

これは今回私が試してみたいと思った最大のポイントです。多くのオンライン英会話は事前予約が必要でした。

でも忙しいとその時間に合わせることが難しかったりして、結局続かないということが多かったのです。

「今すぐレッスン可能」と表示されている講師をクリックすると個人ページに移ります。

この画面の「レッスンへ進む」を押すとそのまま受講画面に進みます。

ちなみにこの個人ページには、講師の発音を知るための動画と自己紹介・日本人スタッフからのコメントや受講者からのレビューが入っているので講師を決める際の参考になります。
 
5

講師の準備が整ったら、以下の画面に推移して、「レッスン開始する」を押すとレッスンスタートです。自分のペースで始めることができるのはとても便利でうれしいです。
 
6

Liza講師

 
1
 
 
初めてのNative Campレッスンはこの講師。丁寧な応対でかつ時折知っている日本語での挨拶を交ぜながら話すので、リラックスして話せました。

レッスンの途中で発音が気になっていると話すと、教材と絡めてRやL
の音に注意してくれ、途中でRとLの音を練習できる単語を追加で紹介してくれて、何度も練習することができました。

▼こんな感じで紹介してくれます。
2
 
 
発音指導したい単語を最初、講師が言って、その後チャットボックスに書き込んでくれます。それを見ながら発音練習。自分にとって新しい単語であった時には、意味を聞くと口頭で説明した後イメージのリンクを送ってくれたのでわかりやすかったです。

あやふやな発音だった時には再度言い直しさせられるので、勉強になります。25分というレッスンは短く感じますが、集中力を続けるのにはいいと思います。

Hecel講師

へセル講師の時には科目スピーキングの一番簡単なレッスンを受けてみました。

3

以下のような絵があり、それについて名前や役割などについて話していくのです。

つまづいている時や上手く表現できない時には講師がヘルプをくれます。

チャットにあるのは二人の会話の中で出来上がった文章です。

4

5

 
 
今回は時間が来るまで、ひたすらこれを言い合い続けました。

この3回目のレッスンで気づいたことはやはり講師ごとの特徴がレッスンには反映されているということ。つどつど、丁寧にこちらの様子を確認してくれる方や要望を汲み取ってくれる講師もいれば、テキストどうりに進めていこうとする方など様々です。

たくさん講師はいるので、自分が合うと感じる講師が見つかるまでやっていくのがいいのかなと思います。

Philip講師

英語学習を始めて以来、初めてのカランメソッドレッスンです!良いと噂に聞くカランメソッドですが、他のオンラインでは取り扱いがなかったり、学校のレッスンでも費用が高めだったりすることからこれまで受けたことがありませんでした。

今回はNative Campの売りの一つでもあるこのカランメソッドレッスンを体験します。といっても、初回は英語力判定のためのレベルチェックテストのみです。今回の講師はNative Campでの発音がいい講師ランキングに入っていた方を選んでみました。

初カランメソッドということで緊張していたため、画面のコピーがありませんが、確かにPhilip講師の発音は良いです。また実際のカランのレッスンのような感じでテストは進みます。おそらく回答までの時間や英語のテンポなどをみながら判断しているのではないかと思います。この時間はとても早く感じました。話すスピードが他のレッスンと比べるとかなり早いというのも理由の一つにあると思います。

結果はステージ1からということになりました。実際のカランメソッドレッスンの様子などを教えてくれ、英語も上手で親切なのでカランメソッドレッスンのメインはこの講師でいきたいなと思います。

よく「カランメソッドは英語脳を作る」といわれていますが、まさにその通りだとテストだけでも実感できました。フルセンテンスでの回答が求められますが、どうしても日本語で文法を考えて回答を出すと時間がかかります。カランメソッドでは回答までの速さも求められるためそれだと間に合いません。カランメソッドを体験してみて、英語になれ、英語で考える脳づくりが必要だと感じました。

Min講師(カランメソッド)

いよいよカランメソッドのレッスンです。
 
 
1
 
 
カランメソッドでは他のレッスンと違って、テキストは購入方式のため表示されません。最初のうちは講師のいうことを繰り返して練習するので、テキスト不要でレッスン可能です。そのうちレベルが進んで、リーディングのセクションに移った場合はテキストが必須になります。

このMin講師も優秀そうな方で、テキパキとレッスンは進みます。一気にparagraph5まで進みました。

レッスンは最初に学習するparagraphで用いるkey wordであるNew wordを教えてもらい、それを練習します。その後、絵や実際にモノなどを使いながら質問され、回答していきます。講師も回答をいうので、それを真似る形です。慣れてくると質問だけで、回答は生徒が言うようになります。

フルセンテンスでの回答でなかった場合は、講師がヒントをだしてくれながら、きちんと言えるまで続きます。時間がかかりそうな時には回答の文章を講師がいうので、それを繰り返します。

そうしてレッスンは進んでいきます。他のレッスンは最後に復讐の時間や質問があるか聞かれますが、カランメソッドだけは時間ギリギリまでレッスンがありました。

(続く)

【これらの記事も読まれています】

― スポンサードリンク ―

私のTOEIC体験談

【無料メールマガジン】1日5分。簡単使える英会話集!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
 
英会話上達ドットコム
英語上達の切り札

Copyright (C) 2016 英会話上達ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。